マンション投資での失敗を防ぐ|空室を回避しよう

男性

収益を得る

電卓と硬貨

所有している不動産の管理を、管理会社に任せたいという人もいるでしょう。そのような人の多くが採用しているのが、一括借り上げです。一括借り上げは管理会社が物件ごとを借り上げて、所有者に家賃を支払うものです。空室に関わらず家賃を得ることができるため、空室リスクによる問題を防ぐこともできるのです。だからこそ、安心して収益を得ることができます。ただ、管理会社に一括借り上げを依頼することにより、家賃収入は管理会社から受け取るものになります。このようなこともあり、入居者から受け取る家賃よりも少ない額の家賃を受け取ることになるのです。90%から80%ほどの家賃を受け取れることが一般的となっています。一括借り上げを管理会社に依頼すると、管理業務のほとんどを代行してもらうことができます。管理業務といっても多数ありますが、その一つが入居者の募集です。不動産を経営するためには入居者を集める必要があります。そのこともあり、店頭や街で物件の宣伝を行う必要があるのです。借り上げを管理会社に依頼するとそのような宣伝を代行してもらえるため、より沢山の入居者を集めることができるのです。これにより、空室リスクが発生しにくくなります。一括借り上げを依頼すると手数料がかかることになりますが、その相場は家賃の10%から20%といわれています。代行業務まで任すことになるため、どうしても手数料は高めに設定されています。しかし、より円滑に簡単に不動産管理を行うのであれば、このような仕組みを活用してみましょう。